トップ  >  お近くのセルモを探す  >  足立皿沼教室

 

セルモ 足立皿沼教室

教室について

加賀中・鹿浜菜の花中・西新井中に通う中1生、中2生の保護者様へ
部活はやらせたい…」
「でも
忙しくて勉強できない…」
と困っていませんか

※ご安心ください。当塾の卒業生たちは部活が忙しかったにもかかわらず、塾・勉強との両立を果たし志望校に合格しています。
(下の「合格者の感想」をご参照ください)
※勉強の問題の多くに共通する原因は、
お子様の生活習慣・学習習慣にあります。
当塾は、集団のペースや講師のペースの塾ではありません。
部活や習い事などの環境に流されない
自立した学習習慣を育てます
塾の理念が共感を呼び
塾長が元巨人軍、鈴木尚広選手からインタビューを受けました‼

  
記事は雑誌 COMPANY TANK 7月号に掲載予定 

鈴木 尚広(たかひろ)
1997年 読売ジャイアンツ入団
(2016年まで現役20年)
2003年~2009年 連続してチームトップの盗塁数を記録
2008年 ゴールデングラブ賞、日本シリーズ優秀選手賞
現在 スポーツコメンテーターとして多数の番組に出演中

◎お子様の勉強についてのご相談は
①03-6803-1870 までお電話

(受付 月~金/13:00-21:00 土、日/13:00-18:00)
※土、日にお電話に出られないときは折り返しご連絡いたします

②selmo_saranuma@sea.plala.or.jp へメール
③当ホームページ左下の「お問合せ」から入力

のいずれかでご連絡いただけます。

セルモの先輩は、これで志望校に合格!

なぜ短期間に1教科20点アップするのか
①長時間の学習時間が確保できる超特訓テスト対策授業

当教室では定期テスト4週間前から、テスト対策授業を行ないます。
定額料金最大50時間の学習時間をテスト直前に確保することができます。

そして、1日2時間、テスト1週間前から1日4時間の授業が受講できます。
個別指導の他塾では不可能と思える、超豪華な格安プランです。

例:
1日2時間✖15日=30時間
1日4時間✖5日=20時間
合計 30+20=50時間

つまり、「量が質を超える」のです。

②徹底した基礎基本反復演習
過去に起こったつまずきの原因をそのままにして、現在わからない問題を理解することはできません。
学校教科書完全対応のパソコン学習システムの特長は、目次画面をクリックするだけで、直接つながりのある単元へ学年・学期を跳び越えて戻ることができることです。(つながり学習)
つまずきのあった箇所の基本例題を100点にすると、ほとんどの人が5教科合計で自己最高点を取ります。

③わからない単元、苦手な単元は、すぐにビデオ学習
セルモのパソコン学習システムは、学校教科書に完全対応しています。
わからない単元や苦手な単元は、予備校講師の映像授業でそこだけ、すぐに学習できます。
ビデオを見てから基本問題を解けば、短時間で弱点が克服できて得点力がアップします。

自分のペース・ストーリー その1

Cくんは高校受験3か月前の駆け込み入塾でした。
いままで塾に行ったことはありません。
学校の到達度テストの結果から、志望校は合格圏にあると言われていました。
では、なぜ中3の内申点が決まってから入塾するのでしょうか。
実は、入塾の理由は彼の学習習慣にありました。

お母さんの話や本人へのアンケートによると、1日の学習時間がゼロでした!
ですから、お母さんが心配になって塾へ入れさせたのです。
もちろん、塾長は心配どころではありません。
そこで異例の入塾なので、再度面談してから条件付きで入塾してもらいました。
その条件は・・・。


Cくんが入塾する際の異例の条件は、以下の2つでした。
1 受験までに少なくとも2回は会場模試を受けること
(学校の到達度テストは内部で受けるため、試験会場で受けるときに実力が出るかどうかわからない。合格率、偏差値もわからない)
2 冬期講習と受験直前対策授業を必ずとること
(この時期の受験生の入塾の場合、1教科につき最低週3回の受講が必要)

その後、彼の学習態度はどうなったでしょうか?
なんと、突然、彼は優等生に変わったのです!
まず、最初の授業の日には1時間以上早く来て、自習を始めました。
次の週からは、授業がない日にも自習に来るようになりました。
そして、授業の方は前学年またはそれ以前のレベルから受験対策を始め、どんどん合格ラインへ近づいていきました。
さて、約束の2回めの模試の結果は…。

見事に合格確実!(合格率90%)
同じ志望校の生徒内順位(5教科)は、19人中1位でした。
Cくんは勉強しなくても、ある程度の成績がとれたので一生懸命やらなくなったのだと思います。
しかし、塾に入ってからは
勉強時間の自己最高記録を出し続けたのです。
その結果、今回の経験からCくんはできなかったのではなく、やらなかっただけだとわかったはずです。
重要なことは、「やればできる」という経験を受験をとおしてすることです。
自分のペース・ストーリー その2

Dさんは、定期テスト1か月前に駆け込みで入塾しました。
お母さんいわく、「とにかく理数が苦手で、全然ダメ。他塾(集団授業)に行っても、理数がよくならない」とのことでした。
そして、お母さんには「この塾は集団のペースや講師のペースで授業が進むのではなく、自分のペースで進みます」と説明して納得していただき、Dさんに転塾を勧めてくれました。
ところが、Dさんのとった選択は・・・。

なんとDさんのとった選択は、他塾をやめずに塾をかけもちするという選択でした。
他塾には小学生のときから長く通っていたので、愛着があったようです。
(しばらくは、1日に2つの塾に通うときがありました)
そして、お母さんもその気持ちをくんで、許可してくれました。
セルモに入って、Dさんの学習態度に大きく変わった点がありました。
(これは、ご本人の言ったことです)

それは、理科と数学のわからない点を学校の先生に聞きにいくようになったことです。
以前にある先生から、苦手を克服するために「毎日、学校の先生に質問するように」と言われたそうです。
でも、性格的にDさんにはどうしてもできませんでした。
そのことをセルモの教室長に相談すると励まされ、遂に学校の先生に数学の質問をしました。
「恥ずかしい」とか「こわい」という気持ちよりも、「成績を上げたい」という気持ちがまさったのだと思います。
それから、できる限り質問をしにいって、「今度のテストで何点とれば成績が上がりますか?」という具体的な質問もできるようになった、と教えてくれました。

そして定期テストまで毎日、塾に通い(ときには1日に2つの塾へ)理科と数学を勉強して、苦手だった理数のテストの結果は・・・。

たった1か月間に、理科と数学が合わせて46点アップ!

5教科合計で自己最高点もマークしました。
彼女には根性があり、学校の先生に聞いてもわからないところを他塾でさらに聞き、それでもわからなかったらセルモでもまた質問して、徹底的に塾を活用しました。


Dさんが塾をかけもちしたのは、Dさんの「自分のペース」でした。
そして、同じ質問を3回繰り返して徹底的に学習したのも、Dさんの「自分のペース」でした。

30年度合格者の感想①

「苦手なところも得意になる・・・」
私立北豊島高校合格 I中 Mさん
・前期評定で5教科内申点が3アップ!
・夏期講習は毎日通いました。
 

私は塾に入る前は、部活が忙しくて、勉強は家に帰ってもほとんど疲れてやっていませんでした。
ですが、塾に入ると、少しずつ自分で勉強をするようになり、塾では先生方が優しく丁寧に教えてくださり、苦手なところも得意になるなど、たくさんの問題が解けるようになり北豊島高校に合格できました。
今は志望校に合格することができたので勉強から解放され本当にうれしいです。
高校生になったら、なにごとにもチャレンジし、楽しい三年間を送ろうと考えています。


「中位以上の成績をキープしていきたい」
淵江高校合格 O中 Sくん

・入試直前対策授業をとり、わずか1カ月後のWモギで同じ第1志望校の生徒内順位が19人中1位になりました!

塾に入る前までは、1カ月に一日、家で勉強すれば良いほうでした。
定期試験の2週間前になってもほとんど勉強しませんでした。
塾に入ってからは宿題が出されるのでほとんど毎日、勉強しました。
そのおかげで数学のとける問題が増え、点数がUPしました。
淵江高校に合格して、僕は併願をとっていなかったのでうれしかったです。
これからは勉強に遅れないように補充教室に入り、上位の成績とはいかなくても中位以上の成績をキープしていきたい」です。

29年度合格者の感想①

「入りたかった高校に受かることができたので良かったです」
私立桜丘高校特待クラス合格 K中 Aさん

10月から超特訓テスト対策授業を毎日受講。
そして後期中間テストで数学100点
5教科合計95点アップ‼

「受験勉強を意識する前は学校で出された宿題と気が向いたときにしか勉強していませんでした。
でも塾に入って意識し始めてからは家で過去問を解いたり、1、2年の復習をしたりするようになりました。
そうしたら入りたかった高校に受かることができたので良かったです。
でも受験生の平均点よりも下だったので、くやしい気持ちもあります。
高校に入学してからは、楽しい生活が送れるように毎日復習と部活を両立させてがんばっていきたいと思います」

29年度合格者の感想②

「合格発表を見に行ったとき、人生で1番うれしかったです」
都立忍岡高校合格 K中 Tさん
冬期講習の国語で小論文を特訓し、忍岡高校に推せん入試で合格
集団討論練習会にも参加

「私が受験を意識する前は、勉強も特にやらず、作文の練習や面接練習をしませんでした。
私は人前で話すことが苦手なので推薦を受けたくなかったけど、母にすすめられて受けることにしました。
そして、推薦受験の日が近づいてきて、やはり合格したいという気持ちが強くなりました。
学校や家で面接や集団討論の練習、塾で作文の練習をしました。当日も練習してきた成果を出そうと決め、試験を受けました。
練習の成果が出たのか、あまり悔いが残らなかったです。
私は合格発表を見に行ったとき、人生で1番うれしかったです。
高校生になったら、きちんと毎日家庭学習をし、勉強がついていけるように頑張りたいです」

◎お子様の勉強についてのご相談は
①03-6803-1870 までお電話

(受付 月~金/13:00-21:00 土、日/13:00-18:00)
※土、日にお電話に出られないときは折り返しご連絡いたします
②selmo_saranuma@sea.plala.or.jp 
へメール
③当ホームページ左下の「お問合せ」から入力
のいずれかでご連絡いただけます。


☆受験生の合格校(一部)

 


◎まずは、面談と体験授業を受けましょう
 (予約制です。お問い合わせをお待ちしております)

◎お子様の勉強についてのご相談は
①03-6803-1870 までお電話

(受付 月~金/13:00-21:00 土、日/13:00-18:00)
※土、日にお電話に出られないときは折り返しご連絡いたします
②selmo_saranuma@sea.plala.or.jp 
へメール
③当ホームページ左下の「お問合せ」から入力
のいずれかでご連絡いただけます。

教室長より

セルモ足立皿沼教室の決意
●部活や習い事などの環境に流されない「自分のペース」の学習習慣を育てます

 セルモ足立皿沼教室 03-6803-1870
(月~金 13:00-21:00、土、日 13:00-18:00)

塾長紹介
山口 俊哉 (やまぐち しゅんさい)
自立型学習コーチ
※セルモ足立皿沼教室は、
集団じゃない、個別指導でもない
自立型の塾です。
「自分で考え、自分で解く」習慣と態度を育成します。
趣味:
将棋(三段)、読書

教室を開校した理由
小4から小6までは進学塾に電車で通い、
中学時代は家庭教師につき、
高校受験から大学受験までは予備校に通いました。

そして志望校、志望大学に合格しても
ずっと集団のペースや講師のペースだったのでおもしろくない
と思い、自立型の「自分のペース」の塾を開校しました。

セルモ足立皿沼教室に来るメリット
短期間で成績が上がる
中学生の場合、1年以内で定期テスト5教科合計100点アップ
を目指しましょう!

●大手他塾と比べて、割安で長時間、受講できる
※特に定期テスト4週間前から、定額で毎日授業が受けられる

対策授業(「中間スペシャル」「期末DX」)があります。

部活・習い事と勉強が両立する
例1 週4日武道を続けながら、セルモ全国テストで上位入賞
(国語3位、算数4位) 小6女子
例2 前期5教科評定オール5、中学校内マラソン大会女子の部学年1位
深川高校推せん入試合格 中3女子
例3 中311月まで吹奏楽を続け、入塾1か月で
後期中間テスト数学100点
桜丘高校推せん入試合格 
中3女子
例4 柔道部団体戦で都大会出場
入塾1か月で会場模試同じ志望校の生徒内順位(5教科)1位
淵江高校合格 中3男子


 

教室写真ギャラリー

※クリックで拡大します。

教室プロフィール

所在地 : 123-0862 東京都足立区皿沼1-5-6 タカハシビル202
備考 : 皿沼1丁目バス停前お弁当屋さん2階、舎人ライナー谷在家駅から徒歩12分
電話番号 : 03-6803-1870
営業時間 : お電話受付:
(月)~(金)13:00-21:00
(土)(日)13:00-18:00
授業時間:(月)~(金)15:00-21:00
定休:土、日、祝日
  • テスト対策
  • 受験対策
  • 漢検受験
  • 自習室あり


  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験