トップ  >  お近くのセルモを探す  >  文京千石教室

 

セルモ 文京千石教室

教室について

子どもをヤル気にさせる「個別学習のセルモ」文京千石教室


セルモの学習システムは下記の小、中学校の教科書に準拠しています


林町小学校、明化小学校、駕籠町小学校、大塚小学校、巣鴨小学校、昭和小学校、窪町小学校、お茶の水女子大学附属小学校、仰高小学校、駒本小学校、清和小学校、駒込小学校、指ケ谷小学校、東京学芸大学教育学部附属竹早小学校、誠之小学校、第十中学校、小石川女子中学校、京華女子中学校、筑波大学附属小学校、京北中学校、文京学院大学女子中学校、十文字中学校、京華中学校、第一中学校、駒込中学校、本郷中学校、第九中学校、跡見学園中学校、お茶の水女子大学附属中学校、貞静学園中学校、西巣鴨中学校、駒込中学校、筑波大学附属中学校、第三中学校、豊島岡女子学園中学校 その他全国公立私立小中学校(一部私立小中学校除く)


コロナウイルス対策のお願い  ●塾生は入室時に手洗い・うがいをしてください(抗菌ハンドソープ・うがい薬の用意があります) ●せき・くしゃみの症状がある場合、可能な限りマスクを着用ねがいます ●発熱の場合は無理をせず自宅待機ください 休塾された授業は通常通り全て振替できます ●安全のため生徒が利用する受講ブースは各生徒の使用前にアルコールにて消毒いたします。   以上ご協力お願いします。


都立高校入試攻略ガイド

都立高校入試相談お申し込みの方にプレゼント中。

 都立高校入試で、出題される問題は毎年どの単元から出題されているのか?

そして出題傾向や難易度はどうなっているのか?

都立高校入試合格に必要な入試攻略情報が、ここにまとめられています。

都立高校入試ハンドブック(令和2年版)

 


個別学習のセルモ文京千石教室ってどんなところ

個別学習のセルモ文京千石教室の特徴

夜間学習相談始めました(要予約)  ◆ 平日19:00~ お仕事帰りにお子さんのご相談を  お受けしております。  受験相談、学校の成績についての  ご相談などご遠慮なくどうぞ。


教室からのお知らせ

小中学生対象:新年度先取り講座ご存知ですか?授業中に積極的に発言しないと成績が「5」にならないことを。   保護者の方々の頃はテストで良い結果を出すことが良い成績を取るための必要条件でした。しかし今は、テストでいい成績を取るだけでは「5」がつきません。では、どうすればいいのでしょうか? ●「5」を取るためには授業中に積極的に発言しないとなりません 今は試験の点数に加え、授業態度や提出物など素行点を獲得しないと、通知表の成績で「5」を取ることができないのです。 ●授業中に積極的に発言するためには事前の予習が欠かせません あらかじめ授業内容を予習し、授業内容の理解を深めておくことが、唯一安定して授業中に発言する力となるのです。 ●そのため春期講習に新年度の内容を先取りする講座を開設します 春休みの間に予習を進め、1学期の内容の2か月分相当を予習しておくことが目標です。

小学生算数:文章題対策講座開催小学生を中心に算数の文章題が苦手な子が増えています。  単純計算問題は得意なのに、文章題になると問題の意味がわからなくて解けない、そんな子が増えているのです。算数検定でも、単純計算は解けても、文章題が解けず合格を逃す子が増えています。  そこで文章題の苦手を克服するため『文章題対策講座』を開講します。受講内容は、数検の過去問や各種文章題と解くことを通じて、算数の文章題を解くノウハウを身につけることを目的とします。  文章題が解けない理由の多くは、文章題の意味が理解できない点に あります。しかし、同系統の問題を解いた経験のある子は、その経験を通じて、何を答えればいいのか推測し解くことができるようになります。早期に、文章題の経験をつむことで、文章題の苦手を無くし、 様々な問題を解くことができるようになります。

入塾のお問合せ、お申込み、ご相談は                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へ

(通話料無料、携帯からもかけられます)

 



 

◆小中学生受講生募集

◆教科書に沿った教材で学校の成績を向上させます 教科書の単元と同じ構成の教材で学習するので、 予習、復習のいずれにも対応塾での受講内容が 学校の成績に直結します   ◆一学年5名までの少人数制で生徒一人一人に目が届きます 少人数受講制で生徒一人一人がどんな学習をし どの単元が苦手かなど細かく把握、指導します   ◆独自の授業でお子さんの基礎力を伸ばします 5教科の学習のほか 速読や作文教室 漢検 数検 対策など他塾にはない独自の教材で、多角的に お子さんの基礎力を底上げします   ◆理科・社会に強く短期間で成績が伸びる 理科・社会において短期間で成績を上げるため のノウハウを確立しており、中学生の定期試験 対策や高校入試対策で成果を上げています   ◆都立高校受験に強い 志望校合格率100%(過去5年間実績) 都立高校受験に関して、他塾にはない豊富な情 報分析の結果から、生徒ひとりひとりに適した 学習方法を指導し志望校合格に確実に導きます 当塾独自の学習教材で、受検までに偏差値を (偏差値20程度)に向上させます   ◆週1回60分からの受講しやすい料金体系 当塾の受講料は基本的に【 受講回数×受講時間 】 で決まる明朗会計、最少の週1回60分から受講 できます。 さらに速読を同時受講した場合割引があります。    ◆小学1年生から高校3年生まで受講できます  (高校生は速読のみ)

入塾のお問合せ、お申込み、ご相談は                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へ(通話料無料、携帯からもかけられます)

小石川受検対策講座のご相談・お申込は                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へ通話料無料、携帯からもかけられます)



 

都立高校受験対策講座 令和3年度受験生募集

●令和3年度受験生募集 3

高校受験準備は中3になってから? いいえそれでは遅すぎます!! ライバルは目に見えない東京都内の中学生10万人!です。 ライバルが勉強を始める前に差をつけること。 それが高校受験を制する最初の鍵です。 中3生の多くは夏休み頃に受験勉強を開始します。 他の受験生が勉強を始めていない今こそがライバルに差を つけるチャンスなのです。●中3からでは遅すぎる高校受験対策 高校受験対策は中3からでいいとお考えの方も多い様です。しかし本当にそれ でいいのでしょうか? 偏差値は他の受験生と同じことをしていても上がりません、他の受験生が勉強 していない今こそ、ライバルに差をつける時期です。 先行逃げ切り型こそ、受験を楽に勝ち抜く最高の手段です。早めに受験対策を 始めることが、お子さんの進学に必要なのです。  ●中3の成績は中2までに決まってしまう? 中3になってから内申点を上げてほしいと塾に来る方がいますが、中3になっ てからでは手遅れです。なぜなら、中2までの成績で中3の成績はほとんど決 まってしまうからです。中2までの積み重ねが受験の内申点を決めるのです。 そのことを知らずに、中1,中2の間に遊んでいると内申対策は間に合いませ ん。では高校受験対策に何をしたらいいのでしょうか? 入試対策でできることは、本番の入試で内申の差を挽回する学力を身につける ことだけです。 ●五教科オール3でも偏差値60は狙える? 都立高校入試の出題内容に合わせた学習をすれば5教科オール「3」の子でも 偏差値60の高校を狙えます。 都立高校入試は、公立中学の試験とは全く異なります。そのため、中学の定期 試験の成績がいいからといって、高得点が取れるわけでは有りませんし、都立 入試に対応した学習をすれば、成績のあまりよくない子でも、高得点を狙える のです。

都立高校合格を確実に するカリキュラム

都立高校入試の出題パターンは、過去10年間ほとんど 変わっていません。 出題される単元、配点、正答率など、科目ごとに特定 のパターンになっていて、それを知っているだけでも、 他の受験生よりも大きく有利になります。 その一方で、中学の中間、期末試験と同じ要領で勉強 をすると、入試で点が取れないどころか、偏差値がど んどん下がっていくことがわかっています。 そんな失敗をせず、都立高校入試で合格を勝ち取るた めの講座です。(冬期講習40時間~)

無料相談のお申し込みは                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へまで。(通話料無料、携帯からもかけられます)

 


 

速読講座:大学受験に必須のその理由とは

毎年1月のセンター試験後に受験生の交流掲示板に、 『文章量が多すぎて速読が出来なきゃ解けるわけない!』 という悲痛な叫びが見うけられます。 つまり大学受験では速読が必須なのです。 センター試験は文字数が非常に多い(国語で2万文字以上)ため、速読ができないと点数が取れないと言われていました。では、『新テスト』ではどう変わるのでしょうか?  新テストでも、出題文字数が2万文字以上と非常に多いことは変わらず、記述問題がある分、今まで以上に解くためには多くの試験時間が必要です。そのため今まで以上に速読の必要性は高くなります。 当塾の広告をみて、既に新テスト対策に速読を始めている生徒がいます。中学・高校で早期に速読を身につけることが、大学受験を制する上で最も重要な勝利の鍵なのです。

1回30分で大学受験に必要な速読力が 身につく速読講座が今すぐ体験できます

体験授業のお申し込みは                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へ

 


 

速読で受験に必要な読解力を高める
●高度な読解力を身につけることは一生の得 早い段階で「読解力」を身に付けている子とそうでない子では、受験で大きく差がつきます。中学・高校・大学受験でも、それぞれ長文読解の問題は試験に必ず出ますが、問題の構造はどの受験でもそれほど変化しません。つまり、早い段階で、高度な読解力を身に付けておけば、日々の授業において役立つだけでなく先々の受験においても大きく有利になります。

●読解力を高める方法を学校・塾は教えられない 本を読んだり、長文読解を数多く解いても読解力がなかなか身につかないとお嘆きの親御さんは多いです。では読解力はどうやって身につけるのでしょう? 実は先生方も読解力を高める方法など習っていないので教えられないのです。特に国語の先生はもともと読解センスが高いので、国語が苦手な子が何がわからないのか、長文問題がなぜ解けないのか、理解できないのです。当然、教えることなどできません。

●速読の『キーワード読み』が読解力高める 速読の文章を正確に読むトレーニングで身につける、『キーワード読み』により読解力が高められます。 文章を漫然と読むのでなく、一つ一つの『キーワード』を意識しながら文章を読む癖をつけることで、お子さんは、文章の中で重要ポイントとなる点が自然と見つけられるようになります。

1回30分で国語読解力がグングン伸びる 速読講座を今すぐ体験申込

体験授業のお申し込みは                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925へ

 


 

速読のトレーニングで 理科・社会や時事問題に 強くなるってホント?

速読は早く読む力をきたえるだけではありません。その他にも受験に役立つ様々なトレーニングが できます。国語の読解力や語彙力、中学レベルの理科・社会、新聞コンテンツによる時事問題など 様々な内容を無理なく学習することができるのです。


速く読む=短時間で多くを学習する

速読で学習効果3倍に学ぶことに使える1日の時間 には限りがあります。  知識とは考える力の基盤です。多くの知識に裏 打ちされることで思考力はより大きな力を持ちま す。しかし、学ぶことができる時間には限りがあり ます。それを超えて知識を身につけるためには、 より速いスピードで多くの事を身につける力、速 読力が必要となります。今の5倍、10倍の速度 で知識を増やすことができ たなら、どれだけのものを 身につけることができるで しょうか。速読はそれを可 能にするのです。


小学1-2年生:  ● 中学受験を考えているご家庭の方で、早期に国語力、読解力を高めておきたいとお考えの方  ● お子さんの読む力に不安を感じている方  小学3-4年生:  ● 中学受験を考えているご家庭で、本格的に受験準備に入る前に速読を身につけておきたいとお考えの方  ● 文章題を苦手としていて、文章を読む力を伸ばしたいとお考えの方  小学5-6年生:  ● 小学校高学年になって、読む力・読解力のレベルアップが必要だと考えている方  ● 中学受験を目指している方で、模試等で時間内に試験問題を解き終わらないとお悩みの方  ● 受検に備え、速読を身につけて、短時間で多量の勉強ができるよう、学習効率を高めたい人  中学生:  ● 問題文をしっかりと読み解かないと問題が解けないため、読解力を身につけるために速読に通う方  ● 高校受験に備えて、読解力を高めたい人  ● 受検に備え、速読を身につけて、短時間で多量の勉強ができるよう、学習効率を高めたい人  ● 大学受験に備え、早期に速読を身につけたい方(下記高校生参照)  高校生:  ● 大学受験を目指している方  センター試験・新テストの国語では、試験時間内に2万文字以上の文章を読み、問題を解かねばなり  ません。そのため、大学受験では毎年『速読必須』と言われています。  新テストではそれに加えて、すべての科目で記述問題に時間を割かなければならず、短時間で問題分  を把握し、解答時間をなるべく多く確保することが重要です。  ご両親のどちらかが日本語ネイティブでない方(全学年共通)  ● ご両親のどちらかが日本語ネイティブでない方は、日本語を読むことに苦手のある方が多くいる様です。  そのため、日本語の読解力を高めるために速読を活用される方が数多くいらっしゃいます。

速読は1回30分、他の習い事の合間に受講できます

(通話料無料、携帯からもかけられます)

 


速読体験会開催

速読体験会開催

今すぐお問合せ 0120-85-1925

まで。(通話料無料、携帯からもかけられます)

 


小中学生個別指導作文教室

文章は書かなければ 上達しません!!

お子さんが作文が苦手、文章を書くのが苦手という ご相談をよく受けます。

上記に心当たりのある方、作文教室が力になります。 ◆どうして子どもたちは文章が書けないのでしょう? 第1に学校で文章の書き方を教えていないからです。 特に近年『本文の抜き書き』ばかりで『自由記述』を させないため、自分で文を作る訓練をほとんどしてい ないため、文章を考えて書く機会がないのです。 加えて、作文の授業では原稿用紙の使い方しか教えて いないのです。 作文や読書感想文については、「思ったことを素直に書きましょう」というばかり、作文の書き方について まともに教えていないのです。

◆文章を書かなければ上達はない!!  文章を書く練習をすれば、だれでも基本的な作文は 書けるようになるのか?  答えは『YES』です。 自分の中にある言葉をうまく文章にするコツをつかめ ば、誰もが文章上手になることができます。ただし、 書き方に慣れるまでは大人のサポートが不可欠です。 そのため『個別指導作文教室』が必要なのです。

小学生コース 90分 月4回  文法や文例などについて演習を行います。演習終了後、毎週 1つのテーマに沿って作文を仕上げていきます。 200字程度の短作文からスタートし、実力に合わせて長い 文章へとレベルを上げていきます。

◆中学生(入試対策,小論文対策 各90分 月4回) 都立高校一般入試の国語では、毎年二百字の短作文が 出題され百点満点中10点の配点があります。記述問題 を苦手とする生徒が、8割以上得点するためには、最 低でも3か月程度かかります。 また都立高校普通科の推薦入試では、実技試験として 作文・小論文を導入している学校が大半です。その中 でも上位校の小論文対策は対応できる塾が少ないです

作文教室で文章を書くことが得意になった子はこんな風に変わります 長い文章を書くことが苦ではなくなり、書くことが好きになる 文章に対する理解力が高まり、読解力がつく 読書に対する興味が高まる 説得力のある筋の通った会話ができるようになる 会話に自信がつくことで、社交性が高まる

作文教室のお申込・ご相談は                                                                                       ハヤクゴー  ジュクニゴー   通話料無料 0120-85-1925

(通話料無料、携帯からもかけられます)

 


「個別学習のセルモ文京区千石教室」のここが
すごい!!

 

入塾3か月で、成績が上がり、本人からも保護者からも大いに感謝される、わずか3か月で、生徒が変わるその秘密とはいったなんでしょう。

 

◆パソコン学習が生徒を変える・勉強を変える

パソコン学習と聞くと、まだ多くの方は眉につばを付け「そんなの効果があるの?」と思うようです。

しかし、経験された方は皆一様に「これがいい、いや、これじゃなければダメだ」と思われるのです。

いったい何がそんなに違うのでしょうか?

◆パソコン学習は、学習効果が高い!

セルモのパソコン学習では、学習効果が最も高くなるような仕組みが作られているのです。

そのため、わずかな期間で生徒の成績に大きな違いが出てきているのです。

 

その秘密を今から説明します。


学習効果が高くなるのは、どんな状態の時でしょう?それは、集中して勉強をしているときです。当たり前ですよね。

学習効果とは、(集中力)×(学習時間)です。

即ち、集中して学習すれば学習効果は高くなりますし、意識が散漫な状態なら学習効果は上がりません。

セルモのシステムでパソコン学習を行うと、長時間集中力が持続するので学習効果が非常に高くなるのです。

どうしてだと思いますか?

 

◆集中力が長時間持続する!その秘密とは?


パソコンで学習を行う場合と紙の参考書とノートで勉強するときの状況とを比較します。

紙の場合生徒は、下記の流れで勉強をしています。

問題を解く→解答ページを見て回答を確認→間違ったところをチェック→最初に戻る

この流れでは、赤字の解答を確認するたびに手を止めなければならず、毎回そこで集中が途切れてしまうのです。

再び集中して次の問題を解く状態に頭を切替えるには、数分かかります。この【集中>弛緩】を繰り返すうちに、徐々に集中力のレベルが下がり学習効果効も下がっていってしまうのです。

パソコン学習の場合はどうでしょう?

問題を解く→自動的に採点→間違ったところは解法が自動表示→最初に戻る

この様に集中したまま、継続的に問題を解き続けることができるため、意識の【集中>弛緩】が起こらず、長時間集中力が維持され、結果として高い学習効果継続するのです。

人間の集中力は、ちょっとしたことですぐに乱されてしまいます。ちょっとした物音で意識がそちらに向けば、集中のレベルが下がってしまいます。セルモでは、学習の際ヘッドホンをして外部の音をシャットアウトすることで、集中力を下げる要因を徹底して排除しています。このように、パソコン学習システムだけでなく、その運用のノウハウを総動員して、生徒の集中力を持続させ学習効果を最大化させているのです。

◆効率的な繰り返し学習-間違えたら繰返す

学習効果を高める秘密はまだあります。

それは、セルモの学習システムは繰り返し学習が効率的に行えるのです。

学習効果を高めるためには、間違えたところを集中的に繰り返し学習することで、理解度を高める必要があります。

セルモのパソコン学習では、間違えた問題は自動的に類題が出されるので、苦手な問題を集中的に学習することができます。

こうして、効率よく苦手な部分を改善していくのです。

しかも、その内容が教科書に準拠していますから、学校の学習内容で苦手な部分がどんどんなくなっていくのです。

◆学習速度をさらに5倍に-速読速解講座

更に、セルモ文京千石教室では、学習効果を高める方法として、学習速度を上げる方法を積極的に取り入れています。それが、速読速解講座です。

 

当塾では、現在受講生の9割が速読を受講しています。速読・速解講座の詳細については、日本速読協会やセルモのホームページをご確認いただくとして、端的に言えば読む速度が5倍になれば、当然学習速度も5倍になるということです。

それに加えて、視覚刺激により思考速度も早まりますので、速読速解講座を受講している生徒と受講していない生徒の学力の差はどんどん開いていきます。

●速読速解講座を受講した生徒の声

・朝、通学の電車の中で漢字がたくさん覚えられるようになった。
・勉強時間が同じでも、今までよりずっとたくさん勉強できるようになった。
・今までは何回も読まないと頭に入らなかったのが、1回でわかるようになった。

生徒のなかで勉強のそれほど得意でない子で漢字のテストの成績が良くなったと褒められた子がいました。良く聞いてみると、漢字小テストの直前の休み時間に覚えられる漢字の数がすごく増えたからだそうです。それだけの結果につながる速読をやらない手はありません。

◆読書速度が遅いと受験でも不利

近年中学、高校、大学いずれの入試においても、問題文の量が増える傾向にあります。

速読で読書速度を上げた場合の効果をわかりやすくするために、平成29年のセンター試験国語の問題で比較してみました。

平均的な日本人の読書速度(分速500文字)では、問題文を読むだけで試験時間の半分以上を使ってしまいます。一方、速読受講生では、わずか7分で問題を読み終わり、試験時間の大半を問題を解くことに費やすことができます。

問題を解く時間が倍になれば有利なのは一目瞭然ですね。

はっきり言ってやらせなければ圧倒的に不利になる、速読はやらせて当然なのです。

◆今の10倍の学習効果、まずは体験授業から

学習効果の高い勉強法で、学習速度を高める訓練をしながら勉強する。

個別学習のセルモ文京千石教室が、最高の学習効率を自称するゆえんはここにあります。

まとめると、以下のとおりです。


・集中力が持続する学習効果が高い方法で学習する
・効果的に繰り返すことで苦手を効率よく克服させる
・学習記憶の定着を効率よく行う
・学習速度を上げるためのトレーニングを行う

科学的なアプローチにより学習効果を高める、そんなことをあなたのご存知の塾やお子さんが通っている塾は、ちゃんと考えてくれているでしょうか。

精神論だけで成績が上がれば苦労はないのですが、そんな塾に通わせて子供の時間を無駄にさせていいのでしょうか?

これを読んで試してみたいと思った方、まずは体験授業をお申し込みください。


無料相談電話0120-85-1925

 

 

◆体験授業の流れ(約1時間)

(1)保護者から学習方針をうかがう(10分)

(2)セルモシステムでの体験授業(20分)

(3)速読の体験授業(20分)

(4)カウンセリング(10分)

体験授業は無料です。いま、あなたが決断することで子供の人生が変わるかもしれません。まずは、通話料無料の相談ダイヤルまで。お電話お待ちしております。

教室長より

 

保護者のみなさまへ

はじめまして。『個別学習のセルモ文京千石教室』教室長の上田邦博と申します。 私は、高校生の頃、実家の学習塾を手伝うことから始まり、以来30年以上にわたり 様々な教育の現場を経験し、 数多くの合格実績を重ねてきました。

 

『少子化のはずなのにどうして?』と思われるかもしれませんが、全国的には少子化でも、東京都では現状維持、文京区をはじめとする都心部では、出生数は倍増しているのです。

このことを踏まえて、保護者の皆様には早期から 受験について意識した行動をしていただきたいと思っています。たとえば、速読の開始年齢は、以前は小4の中学受験勉強を開始と共に始められる方が多かったですが、 今は小学1-2年の時間的な余裕のあるうちから始 める方が増えています。また、都立高校受験に備えた受験対策講座は、中2に進学したときからスタートするという風に変化しています。

塾や習い事も生徒を選別する時代が近づいています。 『うちの子にはまだ早いかも』と思われることでも 早めに行動されることが必要な時期にあるとお考えください。

教室長略歴

 

1964年3月生まれ

4人兄弟の長男として石川県金沢市で生まれる。小学2年までは三重県伊勢市で育ち、その後父の転勤により静岡県三島市へ、高校まで、大自然に囲まれた田舎町で育つ。東京都文京区千石在住

1986年東北大学卒業

1989年東京大学応用微生物学研究所(現分子細胞生物学研究所)第一研究室にて、修士課程修了

1989年株式会社バンダイ入社

1997年広告代理店株式会社南北社

(現株式会社デルフィス)に転職

2001年独立起業し、現在に至る

経営コンサルティング、心理カウンセリング、雑誌寄稿、講演等幅広い仕事を行いながら、教育分野、特に企業人による学校教育に携わる。


子供頃のエピソード

今でこそ、人にものを教える立場に立っていますが、小学校低学年のころは劣等生で、成績のいい姉や弟と比べられ、出来の悪い長男とずっと言われていました。そのころは本当に家で勉強などしたことのない子供で、毎日、網を持って魚やザリガニ、虫などを取りに行っていました。読書といえばせいぜい漫画の本を読むくらい、それでも親には「漫画でも読まないよりはまし」と思われていたようです。

その後、小学校高学年になって自分のことを認めてもらえる先生に出会ったことが契機となり徐々に成績も上がっていったのですが、もしその先生に出会っていなければ今の自分は無かったかもしれません。

もともと頭のいい人というのは、人に物事を教えるのに向いていないように思います。なぜなら自分がわかって当たり前のことをほかの人がわからない時に、なぜわからないのか理解できないからです。その点では自分は人に教えるのに向いているのですが、あまり自慢できることではないかもしれません。

 

 

教室写真ギャラリー

※クリックで拡大します。

教室プロフィール

所在地 : 112-0011 東京都文京区千石4-1-21 山川ビル1階
備考 : お問合せ/ご相談は、通話料無料のフリーダイヤル 0120-85-1925 (携帯からも無料)まで
電話番号 : 03-6902-0037
営業時間 : 月〜金/午後3時〜午後10時 (電話受付時間:午後2時〜午後8時)
土/午前9時~午後1時,午後2時〜午後6時 (電話受付時間:午後2時〜午後6時)
季節講習期間/月~土 午前9時〜午後6時 (電話受付時間:午前10時〜午後6時)
  • テスト対策
  • 受験対策
  • 速読講座
  • 漢検受験
  • 自習室あり


  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料体験